ホーム猫を迎える準備記録 ≫ 新しい猫との出会いを求めて猫活スタート

新しい猫との出会いを求めて猫活スタート

先代猫が亡くなってから6ヶ月。生活の中に猫不足が充満中。

せめてクロロの一周忌までと考えていましたが、我慢しきれずに猫探しをスタートしました。
猫のイメージ:PAKUTASO
まずは、メインクーンを第一希望に考えて、ブリーダーさん探しをはじめました。

最初は、近くのペットショップで探してもらおうかと思ったのですよ。その方が引き取るのに楽だし。
でも、最近の猫ブームのせいか、お値段が以前の倍以上値上がりしてるの。

猫の値段なんて、あって無いようなものらしいですからね。
それで、ペットショップでの出会いは予算的に無理ということで消えました。

良心的なブリーダーさんから直接譲っていただいた方が、確実な感じですしね。

ただ、問題なのは、当方田舎住まいなので、近くにブリーダーさんがいないこと。

今は、生体販売の場合、対面することが義務づけられているので、一度は見学にうかがわなくてはならないのですよね。

イザと言う時には、夫に運転手を頼むことも考えてはいるのですが、長時間の留守の間、母をどうするかを考えなくてはならないし、迷いもあるのです。

でもまあ、ご縁ですし、他の猫種も許容範囲に入れて探してみようと思っています。

シルル

関連記事

コメント













管理者にだけ表示