ホームシルル成長日記 ≫ 抱っこ猫シルル。パソコンは甘え場所、お布団は遊び場所だ

抱っこ猫シルル。パソコンは甘え場所、お布団は遊び場所だ

 シルルだよ~♪ とーちゃんの椅子に無理矢理上がった。肘掛けのところまでピョンと飛べるようになったのだ。

どけって言われてもどかないもんね。遊んでくれないと背中ガジガジするぞ。

抱っこ猫

くきはがパソコンしてると、前に寝転んでお手伝いしてるの。くきはがちゃんと休憩できるようにだよ。

それで、何回も抱っこをねだるのだ。くきはに、「だっこ猫シルル」って言われちゃったよ。

抱っこ猫

くきはです。昨夜少し柔らかめのうんちだったので、たペ過ぎかなと、ご飯を控えめに出していたら。お腹が空いたらしく、珍しく鳴いて催促してました。

元気で食欲もあるのですが、たまに柔らかい時があります。少々お腹が弱い子なのかな。

抱っこ猫

ご飯皿の横にお水も置いてあるのですが、最近はそこでは飲まず、少し離れたところに置いてあるウォーターファウンテンで飲むようになりました。

何でも、猫は、ご飯と水は離しておいた方が良いそうです。野生の猫は、水を血で汚さないように水場より遠いところで狩りをするからだとか。シルルの本能の中にもまだ野生が残っているのでしょうか?

抱っこ猫

最近は、私の行動パターン覚えて、パソコン前にいる時には、キーボードの前に横たわって寛ぐようになりました。私にとっては邪魔なんですが(笑) シルルはお気に入りのようでなかなかどいてくれません。

そして、頻繁に手を伸ばして抱っこをせがみます。拒否したいのはやのまやまなのですが、可愛すぎてついつい応じてしまい、すっかり「だっこ猫」になってしまいました。

私がお布団に寝ると、シルルは遊びの時間だと覚えてしまったようです。ひとしきり布団の上を駆け回り、私の腕に飛びついたりしてキズを増やします。

私が寝付いてしまうと(たぶん)おとなしくなるようで、自分のベッドの中、または、私の布団横にある台の上で寝ているようです。今のところまだ、人間の布団の中で寝ることはありません。布団の中に入るのは、ジャレて遊ぶ時だけです。

シルル

関連記事

コメント













管理者にだけ表示