ホームシルル成長日記 ≫ 猫の目を直視しちゃダメだよ。暴れすぎて本気喧嘩になっちゃった。

猫の目を直視しちゃダメだよ。暴れすぎて本気喧嘩になっちゃった。

シルルなのだ。ちょっと暴れすぎたかな。朝、お布団の上に寝てるくきはの足のとこから背中に駆け上ったら、くきは変な声で鳴いて、ボクを振り落としたの。

くきは、起きようとしててお布団かけてなかったのね、それで痛かったみたい。ボクはくきはが遊んでくれてると思って、またくきはの体に上がって暴れてたら、また、振り落とされたの。

カーテンにのぼるよ

ええい、負けないぞ! ボク何回もくきはにかかっていって、振り払われるのが面白くて、しつこく、しつこく遊んでたら、くきはが上から見下ろして「シャー」って言った。

カーテンにのぼるよ

上から見下ろされるとボク弱いんだけど、あの時は我を忘れてたかもね。ボクらは目と目を合わせると戦闘モードに入るのだ。

くきはに威嚇されたと思って、本気スイッチが入っちゃった。ボクもウウウーってうなって、くきはに飛びかかったよ。

結局、くきはの腕を思いっきり引っ掻いて、かみついてやったけけど、最後には押さえられて抱っこされちゃった。くきはの方が大きいんだもん、押さえられたら動けないよ。

くきはです。シルルとはじめての親子げんかをしました(笑) いつもは、ジャレすぎて私を引っ掻いたりすると「シャー」「ダメ」と言ってやめさせるのですが、今回はうっかり目を直視してしまったせいか、シルルの闘争本能に火を点けてしまったようです。

ゆったり甘えている時には、母子の関係が保たれているので、見つめ合っても大丈夫なのですが、ジャレている時は、いわば狩りをしている状態なので、戦闘的なのでしょう。

カーテンにのぼるよ

目があった瞬間、シルルがいつもと違う雰囲気に変わって、唸ったり、怒っているような声で鳴いたりしたので驚きました。

まあ、それでも、噛みついた跡は残らないくらいだったので、多少加減はしていたようには思います。

カーテンにのぼるよ

落ち着かせるにはどうしたらいいのか解らなかったのですが、とりあえず、お腹を上にして抱き上げて、少し押さえていたら、すぐに落ち着いたようでした。

甘えん坊で野生なんか忘れたようなシルルでも、やはりちゃんと野生が残っているんですね。そういうところも猫って魅力的だなと思います。

シルル

関連記事

コメント













管理者にだけ表示