ホーム猫を迎える準備記録 ≫ メインクーンについて。今飼ってみたい猫なのです

メインクーンについて。今飼ってみたい猫なのです

これから迎える猫のことを考えると、楽しみでしかたがありません♪
まだ、なんにも決まっていないし、決めてもいないのです。


今気になっているのが、メインクーンなのです。

最大の猫種として有名なアメリカの猫です。

「メイン」はアメリカのメイン州のことで、「クーン」はアライグマのこと。アライグマのようなふさふさした太いシッポが特徴です。

一説には、アメリカにいた野生猫とアライグマの混血だ、なんて言われいたそうですが、ちょっとあり得ないことです。

おそらくは、ノルウェイジャンフォレストキャットや、サイベリアンなどの北欧系の猫が新大陸に渡って、地元の猫と混血して定着したのではないかと言われています。

成長するまでに3~4年かかるそうですが、雄猫は体重6~9kgくらい、雌猫は3~6kgくらいに大きくなります。

顔の周りにはラフと呼ばれるたてがみのような飾り毛があり、耳の先にも飾り毛があります。

寒い地方の猫なので、下毛と上毛のあるダブルコートで、長さが不揃いだというのも特徴です。

見た目はガッチリとしていて山猫のようにワイルドですが、性格は温和で、遊び好き、賢い猫だそうです。

先代のクロロも若い頃は最大7kgくらいあって、重すぎて抱っこできず、肩に乗せて運んでいた時期がありますが、また大きな猫を買いたいとあこがれています。

シルル

関連記事

コメント













管理者にだけ表示