ホーム猫の話題 ≫ NHK・Eテレで、そにしけんじ原作のアニメ「ねこねこ日本史」が放送開始

NHK・Eテレで、そにしけんじ原作のアニメ「ねこねこ日本史」が放送開始

NHKEテレの夕方のアニメ枠で、6日から  そにしけんじ原作のアニメ「ねこねこ日本史」がはじまりました。(毎週水曜 後6:45~6:54)

1回目の放送は、邪馬台国の卑弥呼で、録画して見たのですが、なんとも猫らしくてほのぼの。

卑弥呼の時代と現在が微妙な距離でミックスされていてユニークです。すごく面白いというのでもなく、タメになるというのでもないけれど、ほどよく力が抜けていて良い感じでした。
アニメについてはこちら →NhKアニメワールドねこねこ日本史

原作のそにしけんじ氏は「猫ラーメン」などの猫マンガを描いている人。「ねこねこ日本史」は実業之日本社から2巻まで出ています。私は電子ブックで1巻を読んだのですが、原作もまたゆるーく良い味を出しています。

2回放送はは織田信長、3回は坂本龍馬、5回目は聖徳太子と、歴史の流れ順ではないみたいですが、名だたる偉人がどんな風に猫化されるのか楽しみではあります。

実のところ1回目を見ただけでは、正直、原作の方が面白かった(汗) でも、アニメも原作の雰囲気を壊していないので、見慣れれば大丈夫かなと思います。

できれば、アニメを先に見て、後から原作を読んだ方が良かったかもしれません。

シルル

関連記事

コメント













管理者にだけ表示