ホーム猫を迎える準備記録 ≫ ダンボール製のツメ研ぎ兼遊び場を購入しました

ダンボール製のツメ研ぎ兼遊び場を購入しました

シルルを迎える予定の夫婦の部屋は、フローリングと和室の続き部屋です。先代猫のクロロもずっとこの部屋で暮らしていました。

クロロには、爪研ぎのしつけをしないでしまったので、部屋の壁紙はボロボロ、寝室のふすまもビリビリ破れたところを、テープで押さえているというありさま(汗) プライベートルームなので、他人が入ってこないのを良いことに、破れたままになっています。

爪研ぎと遊び場

もうすでに、どこもここもツメ研ぎ跡だらけなので、たぶんシルルも先代に習って壁でツメ研ぎしてしまうだろうなと予想できるのですが、それでも、なんとか子供のうちから、爪研ぎ習慣をつけてもらいたい親心です。

遊び場を兼ねたダンボールの爪研ぎを買ってみました。
猫の爪研ぎについての記事はこちらです →猫のツメとぎのしつけについて

上の写真は、縦型の爪研ぎと、階段型の遊び場。キャットタワーを買うまでのつなぎにいいかなと思って買ってみたのですが、予想していたより小さめでした。

組み立てがちょっと難しかったです。しくみは簡単なのですが、説明の文章がわかりにくくて、夫に丸投げして組み立ててもらいました。

完成したものは可愛くて良い感じです。中が空洞になっていて、入って遊べるので、仔猫のうちは使えそうです。気に入ってくれるといいのですけれどね。

猫の場合は、まったく予想がつきません。飼い主が気に入って買ってきても、喜んでくれるとは限りませんからね。

まあ、そのあたりも猫の魅力ではあるのですけれど。

ひだまりの爪研ぎ

もう一つは横置き型の「ひだまりの爪研ぎ」。これは、先代クロロもお気に入りだったので、また買ってみました。

ツメ研ぎ部分が微妙なカーブになっていて、へこんだ部分をベッド代わりにして寛ぐことができます。

これも、使ってくれるかどうかは未知数(汗) 飼い主の勝手な思い込み、自己満足の世界ですけれど、シルルが可愛らし遊んでいる姿を想像してはニヤニヤしております。

シルル

関連記事

コメント













管理者にだけ表示