ホーム猫飼いの心得 ≫ 猫の去勢・避妊手術について

猫の去勢・避妊手術について

猫に去勢・避妊させるかどうかは、飼い主の考え方によります。

繁殖期の猫は大きな声で鳴いたり、オス猫は脱走して他の猫と喧嘩したり、オシッコをかけてマーキングするスプレーという行為をしたりします。
くわしくはこちらの記事で → 猫の繁殖期について

去勢・避妊をさせると決めたら、最初の繁殖期が来る前に獣医さんに相談してください。

一般的には、生後6ヶ月~8ヶ月頃が目安ですが、発育状況や健康状態によって差があります。

猫の避妊手術前の注意


手術時には胃の中をカラッポにするため、半日ほど絶食が必要になります。獣医さんからの指示があるかと思いますが、前夜の食事やお水を与えないように注意します。

飼い主が寝た後で勝手にお水を飲んだりしないように、食器はしまっておきましょう。

猫の避妊手術について


手術は全身麻酔をしますので、猫の苦痛はありません。

オスの場合は普通、精巣を摘出 します。メスの場合は卵巣と子宮を摘出します。それ以外にもいくつか方法がありますので、必要であれば獣医さんからの説明を受けてください。

手術後の注意


麻酔から覚めてから、胃が動き出すまでのしばらくの間は食べられません。普通は正常な状態に戻ってから退院ということになるとは思いますが、ここでも獣医さんの指示に従いましょう。

傷をなめたりしないように、エリザベス・カラーなどをつけて退院することになると思います。またメス猫の場合は傷口に腹帯をつける場合もあります。

帰宅してすぐに、高い場所にジャンプして上がったり、激しい運動をすると傷口が開いてしまうこともありますので、できるだけ静かにさせてあげてください。

しばらくの間は、食事や排泄の状況などをよく観察して、少しでも気になることがあったら、獣医さんに相談してください。

去勢・避妊後の猫について


精巣、卵巣を摘出することによって、関連する病気を予防することができます。

不妊手術をした後の猫は、性本能による行動が無くなることでおっとり穏やかになります。

去勢・避妊手術をした後の猫は、太りやすいと言われています。食事を食べ過ぎないようにしたり、おもちゃで遊んで運動させるなど気をつけてあげてください。

シルル

関連記事

コメント













管理者にだけ表示