ホーム猫飼いの心得 ≫ 猫の食事その2・猫が食べてはいけないもの

猫の食事その2・猫が食べてはいけないもの

猫が食べてはいけないものは、意外に多いです。

人間が食事をしていると欲しがるので、ついつい少しだけと言って食べさせてしまいがちです。

でも、人間の食べ物は猫にとって塩分が強すぎることや、ネギ系の食べ物は中毒するなど、害になるものが多いので基本的には与えてはいけません。

ここでは、猫が食べてはてけないものについて、お話ししたいと思います。


ネギ系の野菜は中毒の危険


長ネギ、たまねぎ、ニラ、ニンニクなど、ネギ系の野菜は食べさせてはいけません。

赤血球中のヘモグロビンを破壊するので、貧血を起こしたり、下痢、嘔吐などの中毒症状を起こし、最悪死に至るケースもあります。

火を通したりしても毒性は変わりませんので、ネギそのものが入っていなくても、ネギを煮た味噌汁のスープなども良くないです。

また、みじん切り玉葱が入っているハンバーグなどもうっかり与えないように注意してくたさい。

牛乳などの乳製品は下痢する可能性がある


猫は、牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素を持っていないため、人間の牛乳を飲むと下痢をしがちです。

猫と言うとミルクを飲むイメージがありますけれど、子猫や病気の時など、体力の無い猫は特に、下痢をすると見る間に体が弱ってしまいますのでご注意ください。

牛乳を飲ませる時には、乳糖が入っていない猫用のミルクにしてください。

生肉・生魚はビタミンB1不足、寄生虫のリスク


猫は元来獲物は生で食べていたはずですが、ペットに与える肉 は、加熱した方が安心です。

生魚の中には、チアミン( ビタミンB1)分解酵素が含まれていることがあります。加熱することで効果がなくなります。

生肉、特に豚肉にはトキソプラズマという寄生虫がいる場合があるため、必ず加熱してからにしてください。

トキソプラズマの猫から、人間へ感染する恐れもありますので、注意が必要です。

塩分が強い食べ物は腎臓に負担がかかる


猫は体が小さいので、人間の食べ物は塩分が多すぎますので与えないようにしてください。
長年塩分の多い食事を続けていると腎臓に負担がかかり、尿で排泄できなくなり、尿毒症にかかってしまったりします。

鰹節・煮干しは尿道結石のリスク


「猫にかつおぶし」と言いますし、昔は、おかかかけご飯はねこまんまの定番でした。でも、鰹節も煮干しも人間のものは塩分が多すぎます。

また、かつおぶしに含まれるマクネシウム、煮干しに含まれるシュウ酸カルシウムは、尿道結石の原因になります。

煮干しや鰹節は、猫が欲しがることがありますが、与えるなら猫用に調整されたものを少量おやつにする程度にしましょう。

生のエビ・タコ・イカはビタミンB1欠乏症のリスク


エビやイカは猫が大好きで食べたがりますが、生では食べさせてはいけません。 チアミン( ビタミンB1)分解酵素が含まれているため、ビタミンB1欠乏症になる可能性があります。

よく、「猫にイカを食べさせるとと腰が抜ける」と言いますが、ビタミンB1欠乏症のため後ろ脚がマヒしてふらつくようになるため、そう言われるのでしょう。

ただ、加熱すれば効果がなくなります。猫に必要なタウリンが豊富に含まれているため、キャットフードには加熱したものが含まれていることもあります。

アワビなどの貝類は皮膚病の原因になる可能性


アワビなどの貝類が、エサである海藻を分解してできるピロフェオルバイドという酵素が、猫の光線過敏症という皮膚病の原因になるるそうです。

「猫がアワビを食べると耳が落ちる」と言いますが、皮膚病のため痒くて耳を掻くことで、耳の先が切れてしまうという状態を指すようです。

鋭い骨は喉に刺すリスク


猫に骨を与えることは少ないかと思いますが、特に鳥の骨は縦に鋭く裂けるので 、飲み込むと喉に刺してしまったりして危険です。

また、鯛や鯉の骨なども太く鋭いため注意が必要です。

カフェイン・カカオは死に至る可能性も



チョコレート、ココア、コーヒー、お茶、コーラなど、カフェイン、カカオなどが含まれる食べ物はいけません。

自然な状態では猫が好む食べ物ではありませんが、床に落ちている欠片を間違って食べたりしないよう気をつけてあげてください。

カフェンに含まれるテオグロシン、カカオに含まれるテオプロミンという物質で、下痢や嘔吐、けいれん、てんかん発作などが起こります。

チョコレート(カカオマス)には中枢神経を刺激して興奮させる成分が含まれていて、急激に心拍数が上がってけいれんを起こしたりしたり、急性心不全で死に至る可能性もあります。

砂糖・甘い物は肥満・歯周病のリスク


<ケーキやお饅頭などの甘い物も食べさせないようにしましょう。

猫は結構甘い物好きなんですよね。前に飼っていたクロロも、テーブルの上に置いたお饅頭にかぶりついていたりして、あわてて取り上げたことがあります。

甘いものは食べ過ぎると肥満の原因になりますし、歯や歯肉にとっても良くありません。 また、最近の猫は糖尿病になるケースも増えているようです。

香辛料 は腎臓への負担がかかる


コショウやからし、わさび、カレー他スパイスなどは、胃に刺激を与えて、腎臓、肝臓への負担になりますので、絶対に与えないでください。

ドックフード


見た目は同じように見えてても、入っている栄養が違います。ドッグフードを食べさせていると、猫に必要なタウリンが不足しますので与えないでください。



ここに上げた以外にも食べると害になる食べ物があるかもしれません。食べ物の他にも、自然の植物や、洗剤、除草剤、殺虫剤など危険なものは多いです。
猫に必要な栄養についてはこちらで書いています→猫の食事その1・猫に必要な栄養は

あまり神経質になる必要はありませんが、猫の生活圏を見直してみて危険なものがないか確認しておくと良いですね。


シルル

関連記事

コメント













管理者にだけ表示