ホームくきはからのお知らせ・雑記 ≫ くきはとクロロとシルルのプロフィール

くきはとクロロとシルルのプロフィール

ブログ「メインクーン猫シルルのもふもふ」にアクセスありがとうございます。

猫好きアラフィフ主婦の茎葉(くきは)です。
くきは
現在は、夫と実母と3人家族。

認知症の母の介護をしながら、のんびり暮らしています。

若い頃は、OLだったり、工場の工員だったり、手作りパン教室の講師だったり、色々な仕事をしてきました。

40代後半の頃に父が闘病生活をはじめたのをきっかけに、仕事を辞めて専業主婦になり現在に至っています。

父が亡くなってから数年、今度は母が認知症になり介護生活がはじまりました。

色々とストレスのある日々ではありますが、できるだけ前向きに生きて行こうと思っています。

子供の頃からずっと家には猫がいました。

猫は人間よりずっと早く成長して年を取りますから、何度も悲しいお別れを繰り返してきました。

お別れが悲しいのは解っていてもなお、猫と一緒の生活からは離れられません。

先代猫クロロのこと


2015年9月30日に、20年一緒に暮らしていたキジ猫のクロロが虹の橋を渡ってしまいました。

私たち夫婦は残念ながら子供に恵まれなかったので、クロロが息子であり、家族の「かすがい」でもありました。
クロロ
2回の交通事故で大手術したり、歯石が原因で化膿がひどくなり辛い思いをしたりもしましたが、生命力が強かったのでしょう、長生きして家族を癒やしてくれました。
クロロのブログはこちら → 老猫クロロのひだまり日記

かけがいのない息子を思うと寂しい気持ちで一杯になりますが、いつまでもこのままではいられません。

猫を失ってこれからのこと


予定としては、クロロの一周忌が過ぎた頃、2016年の秋に、新しい子猫を迎えようと思い準備をしています。

クロロの時は知識が不十分だったことで、交通事故に遭わせてしまったり、年取ってからは歯石が原因で辛い思いをさせてしまったり、心残りもたくさんありました。

次に迎える子は、もうクロロのような辛い思いをさせないように猫についての知識や情報をあつめています。

そして、実際に子猫を迎えることができたときは。猫バカ、親バカでめろめろになるのが目に見えていますので、その時が当ブログの正式スタート。新しい子猫の成長を記録するブログになると思います。
(2015年 12月14日)

新しい猫シルルのこと


クロロがいなくなってしまった後、猫のいない生活を半年続けましたが、どうにも寂しくていけません。とうとう半年で音を上げて、新しい息子捜しをはじめました。

そして、幸いにも親切なブリーダーさんに出会うことができて、シルルを授かることができました。

シルル
シルルはメインクーンという種類の猫です。

ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)という別名あるほどに、優しく賢い大型の猫です。

2015年2月15日生まれのシルルは、2016年3月現在まだ子猫ですが、これからどんな風に成長してくれるのか楽しみでなりません。

当ブログでは、シルルの成長の記録を綴っています。これをご縁に、ご一緒にシルルの成長を見守っていただけたら嬉しいです。

ご意見や感想、アドバイスなどがありましたら、コメントやメールでお聞かせください。
くきはへのメールはこちらからどうぞ →茎葉へのメール

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

シルル

関連記事