ホーム猫飼いの心得 ≫ 猫の食事その1・猫に必要な栄養は

猫の食事その1・猫に必要な栄養は

猫は本来ネズミなどの小さな動物を狩って食べる肉食です。すこやかに成長し、健康な体を維持するために食事はとても大切です。

猫に必要な栄養は、たんぱく質、脂肪、 (炭水化物)、ビタミン、ミネラル、そして水です。

キャットフードにしても、手作りご飯を食べさせるにしても、必要な栄養費を考えてバランス良く食べさせることが必要です。
キャットフードについてはこちらで書いています →猫の食事・キャットフード

たんぱく質


たんばく質(アミノ酸)は。健康な体をつくり成長するために欠かせない栄養素です。

中でも「タウリン」は重要です。体内では作れないため、不足すると失明したり、心筋症などの病気を発症してしまいます。

脂 肪


脂肪はエネルギー源になると同時に、皮膚を丈夫にしたり、毛並みを良くしたりもします。

脂肪が分解されてできる体に必要な脂肪酸の中には、リノール酸やリノレン酸、アラキドン酸など、体内で作れないものもあって、これらは食事から摂取する必要があります。

炭水化物


猫は炭水化物を消化する機能が弱いので、ご飯などの炭水化物はあまり必要はありませんが、エネルギー源として、キャットフードには少量入っていることがあります。

ビタミン。ミネラル


猫はビタミンCとKを体内で合成することができます。あまり野菜を食べなくても健康でいられるのはそのためです。

ただ、それ以外のビタミンは合成できないので食事からとらなくてはなりません。

また、カルシウム、カリウム、マグネシウム、リン、亜鉛、鉄分などのミネラルも必要です。

不足するのもいけませんが、多く摂りすぎると尿道結石を発病したりするので注意が必要です。


水は普通の水道水で大丈夫です。ミネラルウォーターは入っている成分によって良くない場合があるので飲ませない方が良いです。

猫によっては、あまり水を飲まない子もいるので、そういう時は、スープなどの水分の多いフードにするなど、工夫が必要になります。

シルル

関連記事

コメント













管理者にだけ表示