ホーム猫飼いの心得 ≫ 猫との出会いかた1 ~ペットショップ・ブリーダーのもとで出会う

猫との出会いかた1 ~ペットショップ・ブリーダーのもとで出会う

猫を飼おうという覚悟ができて、飼える環境があるという時。どこで、猫と出会ったらいいか、ですが、いくつかの道があります。

可能性としては、大きく分けて2つあります。

ペットショップやブリーダーから買う。
個人や団体から譲ってもらう。

ここでは、 ペットショップやブリーダーから買う場合についてお話しします。

ペットショップやブリーダーのもとで猫と出会う場合は一般的に純血種の猫で有料になります。命を譲り受けるわけですので、ある程度高額なのは覚悟しましょう。
MIX猫を譲り受ける場合はこちら → 猫との出会いかた2 ~個人・団体のもとで出会う

ペットショップで出会う


ペットショップは、その名の通り、ペットを扱っているお店で、ペット用品やペット美容室などを併設しているところもあります。

ペット業界にも闇の部分があって、動物の扱いに問題があるショップもあるので、愛猫家の中には、ペットショップで買うことに嫌悪感を感じる方もいます。

確かに、私も、「命を買う」ことに対して違和感を感じることは事実ですが、どこから迎えようが、我が家へ来てくれた猫が可愛いことには変わりはありません。

ペットショップから迎え入れるためには、そのショップが動物に対して正しい対応をしているかどうかを確認するべきです。

ペットショップを運営するには、「動物取扱業の登録」をすることが必要で、動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)に決められている動物取り扱いの資格責任者がいることが求められます。

ペットショップへ行ったらちゃんと法律に沿った経営をしているかを確認してみてください。

普通はお店の壁などに許可証や責任者についての掲示があるはずです。もし掲示がない時には店員さんに聞いてみると良いですね。

お店のようすも良く見ましょう。

  • 狭いケージにたくさんの子猫が入れられていないか
  • 生後間もない子猫を扱っていないか、(少なくとも離乳食が終わっていることが必要)
  • 清潔な環境で、ひどい臭いがしていないか
  • 食器などがキレイで、トイレに長時間排泄物が放置されていないか
  • 子猫が汚れていたり、体に排泄物などがついていないか
  • 店員さんに猫について質問してみて、猫の飼い方について、病気のことなど適切に説明ができるか
  • 1回目のワクチン注射は済んでいるか
  • 買い取り後の生命保証はついているか、愛猫団体の血統書はついているか


加えて、子猫はブリーダーから来た子か、オークションからかも聞いてみると良いです。ブリーダーさんから直接来た猫の方がお店まで来るのまでの環境は良いと思います。

以上のようなことを確認してみた上で、信用できると判断したペットショップから買いましょう。

できれば、はじめて行ったお店ですぐに買うのではなく、何度か通ってみて、お店のようすがよくわかってからにすることをおすすめしたいです。

ブリーダーのもとで出会う


ブリーダーとは、ペットの繁殖をしている人を言います。

普通は、特定の猫種を専門にブリードしていることが多く、その猫種に対する深い愛情と専門知識を持っています。

ですから、猫を譲り受ける時や、譲り受けた後もアドバイスがいただける利点があります。

残念なことに一部には儲け優先で無理な繁殖をさせているブリーダーの存在もありますので、ペットショップと同様に、事前の確認をすることが必要です。

ブリーダーさんには、ペットショップなどへの卸を中心にしている場合と、個人への譲渡もしている場合があります。

個人で譲ってもらう場合には、個人間の取引をしているブリーダーさんを探す必要があります。

直接対面してから譲渡しなければならない決まりがありますので、訪問できる範囲のブリーダーさんであることも必要になります。

ブリーダーさんから猫を譲ってもらう場合には、事前にメールや電話でコンタクトを取ってから、見学させていただくことができます。

ホームページやブログで情報発信しているところも多いので、サイトを見て申し込み方法などを確認してみてください。

猫に愛情をもって運営しているブリーダーさんからは、飼い主への条件が示されている場合があります。

最後まで責任を持って飼ってくれるか、病気の時の対処や、去勢など細かい条件があることが多いので、自分はそれに対応できるかも考えてみてください。

むしろ、譲渡した後の子猫の環境に真剣に考えているという点で、条件のあるブリーダーさんの方が信用できると言えるでしょう。

現在は対面してからの販売が義務づけられていますので、最低1度はブリーダーさんに会う必要があります。(代理人を立てての取引、指定の場所まで運んでくれるサービスをしてもらえる場合もあります)

事前に見学させていただくことができるので、ペットショップと同様に飼育環境を確認しましょう。

個人で運営している場合でも、動物取り扱い業として登録することが義務づけられています。おそらく、サイトなどに動物取扱業登録の有無が掲示されているはずですので、確認してください。無い場合は質問してみましょう。

  • 電話やメールで問い合わせたときの対応は親切だったか
  • 飼育環境は清潔で整っているか
  • 生後間もない子猫を平気で譲渡しようとしていないか
  • 愛情を持って子猫を育てているか
  • 猫について質問してみて、知識が豊富そうか
  • 1回目のワクチン注射は済んでいるか
  • 買い取り後の生命保証はついているか、愛猫団体の血統書はついているか

見学したからと言って必ず購入しなくてはいけないわけではありませんが、購入を前提にして見学するのがマナーです。

直接対面すれば、ブリーダーさんの人柄などもわかりますので、信用できるブリーダーさんかどうかをご自分の目で確認してください。

また同時に、ブリーダーさんの方も、仔猫を託すにふさわしい飼い主かどうかを確認していますので、お客だからとおごること無く、真摯な態度で行動しましょう。

シルル

関連記事

コメント













管理者にだけ表示