ホームシルル成長日記 ≫ 孫の手でじゃれるのがお気に入りなのだ

孫の手でじゃれるのがお気に入りなのだ

シルルだ、シルルだ ウチャチャチャチャ~♪ 今日も元気で遊んでるよ。

最近、くきはに「孫の手」でツンツンしてもらうのがお気に入りなんだ。パソコンデスクの下に潜って、くきはの足をガブガブ噛むと、しかたなく遊んでくれるよ。

ボクを直接手で抱き上げると、噛んだり蹴ったりして痛いから、毛布の膝掛けを被せるの、それも面白い。

孫の手でじゃれるのがお気に入りなのだ

孫の手でお腹とか背中をツンツンされると興奮するし、孫の手ならガジガジ噛んでもくきはが痛くないからね。

膝掛けを抱えてケリケリするのもいいんだな~♪ 

長いこと遊んでるから、くきはは仕事にならないって困ってるみたいだけど、一日に何回もおねだりしちゃうのだ。

孫の手でじゃれるのがお気に入りなのだ

くきはです。今頃ようやく気がついたのですが、シルルはものすごく遊び好きな猫なのだなぁと。

しょっちゅう噛むのは、遊びに誘っているのだと気がついてからは、できるだけ相手をするようにしています。

ただ、直接に手足で対応すると怪我をするので、おもちゃ等を使うのですが、最近お気に入りなのは、私のひざ掛け毛布と、孫の手です。

ひざかけにくるまって暴れたり、孫の手で軽く突っついてやると、じゃれるのが面白いようです。

また、孫の手は竹製なので強く噛みついて、かじり甲斐があるみたいなので、私の手足の被害が少しはやわらぎます。

孫の手でじゃれるのがお気に入りなのだ

先日買った動くおもちゃのおかげで、夜に布団の上で暴れ回るのはトーンダウンしました。
新しいおもちゃについてはこちらです。→シルル生後8ヶ月、ヤンチャ盛り、遊び盛りです。

夜寝るときに、隣のフローリングにおもちゃを動作させておくと、そちらで暴れているので、フスマを閉めて部屋から閉め出さなくてもよくなってきています。
お部屋から閉め出された時の記事はこちらです。→お布団の上を駆け回ってたらお部屋から閉め出されちゃった

一緒に暮らすようになってからもう半年になりますけれど、シルルに関してはまだまだ知らないこと、気づかないことがたくさんあります。試行錯誤しながらですけれど、少しずつわかり合って行けるといいなと思います。

シルル

関連記事

コメント













管理者にだけ表示